中古コンテナ入門

今回、海上コンテナの種類についてお話しします。リーファーコンテナとはどのような
コンテナのことを言うのでしょうか。

リーファーコンテナを販売しているサイト

海上コンテナの種類のリーファーコンテナとは

リーファーコンテナとは、冷凍や冷蔵の貨物の輸送に使用される「特殊コンテナ」です。

大方の人たちは、ドライコンテナを活用していることでしょう。しかし、それだけでは、海上コンテナの需要を満たすことができません。

リーファーコンテナは、 果物・野菜・肉・魚介と言った生鮮食品、または化成品の輸送に活用されています。

リーファーコンテナとは、貨物の温度の管理をすることができるコンテナのことであり、定温輸送が必要な医薬品だったり、また、精密機械の輸送としても活用されています。

また、最近ではリーファーコンテナを購入して、一時保管のため、倉庫として利用している方々も増えて来ています。

リーファーコンテナの特徴

リーファーコンテナは、「冷蔵ユニット」が装着されています。冷蔵庫と同じような感じで、冷媒ガス&熱交換器(エバポレーター)を活用し、コンテナの中に冷たい空気を送り込むことができます。

また、コンテナの中の温度を調節し、一定温度に維持させることができます。リーファーコンテナの内壁&外壁の間に、断熱材が入り、断熱や保温、保冷性能にとても優れています。

両側、ドアをステンレス製にし、かつ天井と床はアルミ製、水洗いをすることが可能なので、リーファーコンテナの中をいつも清潔な状態に維持することができます。

リーファーコンテナのここがすごい

またリーファーコンテナは、-30℃~+30℃の設定温度であり、0.1℃単位で設定を変えることができます。

例えばThermo King製「Magnum Plus」の設定温度は-40℃~+30℃です。このようなリーファーコンテナなら、外気温度が高い状況でも、安定感のある温度をキープし続けることができます。

更に、超低温のリーファーコンテナもあり、Thermo King製Super Freezerは、 -60℃~-10℃です。

リーファーコンテナのすごいところは、リーファーコンテナのまま、 お客様の倉庫や施設に移送することができ、出荷・再出荷まで保管用のコンテナとしても活用することができる点です。

リーファーコンテナは冷蔵庫として活用することができるから、コンテナやトラックへの積替え作業も省略させることができます。

また、幅広く温度を管理することができるから通年で出荷時期の違う貨物にも対応することができます。