中古コンテナ入門

今回、海上コンテナの種類についてお話しします。海上コンテナの種類のひとつである、isoタンクコンテナとはどのようなものを言うのでしょうか。

コンテナを探すなら

海上コンテナの種類 isoタンクコンテナとは

isoタンクコンテナとは、ドラム缶120~130本もの液体を、一度で輸送することができるタンクコンテナのことです。

大方のコンテナは、ドライコンテナですが、isoタンクコンテナは、ドライコンテナとは違い、タンク本体を枠で支える構造です。

国際規格(ISO)は、国際標準規格であり、海上輸送は、国際標準規格に従っているからスムーズに合理的らにことが進行しています。

isoタンクコンテナは、国際規格(ISO)に従い作られているので、安全に利用することができます。もちろん、海外輸送としても、多く活用されています。

isoタンクコンテナの中には、危険物も収まっている可能性はあります。しかし、そのようなときでも、国際標準規格に従っているから安心して海上輸送業務を行うことができるのではないでしょうか。

isoタンクコンテナにはどのようなメリットがあるのか

isoタンクコンテナも海上輸送になくてはならない存在です。isoタンクコンテナによって、 ガス類だったり、化学薬品といった、ドライコンテナではとうてい運ぶことができないものも運ぶことができます。

またisoタンクコンテナは、 一般的なコンテナのように、積み重ねをすることができるから、設置のスペース空間を有効的に活用することができます。

また、isoタンクコンテナは、シャーシ(トレーラー)への積載式ですから、牽引車を切り離すことができ、他のシャーシ牽引に利用することができます。

更に、isoタンクコンテナは積載式であるため、積み下ろしが可能でシャーシを使い廻しもすることができます。

更にこんなメリットがある

まだisoタンクコンテナにはいろいろなメリットがあります。isoタンクコンテナは、梱包材などを使う必要はありません。そのため、リーズナブル料金で、isoタンクコンテナを活用することができるでしょう。

isoタンクコンテナはまた、海上輸送だけの用途ではなく、屋外での貯蔵庫としても有効的に活用している人たちがいます。

また、タンク内面に対し樹脂ライニング加工や、中を2槽に分離させて、2種の液体を運んだりするアイデアなども実現させることができます。

isoタンクコンテナは、お客様のリクエストに答えて、いろいろカスタマイズさせることができるメリットもあります。