クオリティ向上に大きく貢献!ミュージシャンのライブ配信時における機材の重要性

ネット時代の到来に伴い、ライブ配信をするミュージシャンが増加中です。気軽に情報発信できることが理由として考えられますが、ここではライブ配信の詳細について見てみましょう。

ライブ配信とは何か?

ネットワークサービスの躍進を受ける形で、ライブ配信が当たり前の時代を迎えていると言っても良いでしょう。近年では個人のみならず、企業においてもライブ配信が目立つようになってきました。そもそも、ライブ配信とはあらかじめ撮っておいた録画ではなく、生の映像を配信することです。つまり、出演者の生の姿を視聴者は見ることができます。

これまでも、テレビやラジオなどではニュースやスポーツなどを中心に生放送が行われており、私たちの生活に定着しています。ニュースやスポーツなどとともに、古くから多くの支持を集めているのがエンタメや音楽関係の番組です。音楽活動家やミュージシャン、タレントなどが提供するパフォーマンスを楽しみにする視聴者は少なくありません。このような人たちが活躍するエンタメや音楽番組においては、生の姿が見られるライブ配信を期待する視聴者やファンは多くいました。しかし、テレビに出演できるミュージシャンの数はごくわずかに限られているのが現状で、既に知名度や話題性の高い一握りのミュージシャンだけがテレビで自らの楽曲などを披露することができるのが一般的でした。

しかし、ネット社会になり、若い世代を中心にテレビよりもインターネットを視聴する人の割合が大幅に増加しています。いわゆる「ユーチューバー」という職業が生まれるなど、ネット上で個人が自由に自ら主張したりパフォーマンスを披露することが容易に可能になっています。特筆すべきは、ライブ配信をするために必要となる費用が安く済む点です。これは、まだまだ経済的余裕がないタレントやミュージシャンにとっては大きなメリットといえるでしょう。ライブ配信を見る人の中には元々のファンのみならず、偶然に見たことがきっかけで新たにファンになるという場合もあります。

プロミュージシャンがライブ配信するなら使いたい機材と気を付けたいポイント

前述の通り、ミュージシャンにとってライブ配信はファンを獲得するための重要な機会となります。ファン層を拡大するためには、その内容を充実させることが大切です。視聴者を惹き付けるためには、配信するパフォーマンスのクオリティを高めることもさることながら、使用する機材にも配慮する必要があります。具体的な機材として真っ先に挙げられるのが、LEDライトです。撮影する場所の広さや規模、収容人数などにもよりますが、LEDライトがなければ撮影自体ができないと言ってもよいでしょう。ミュージシャンの表情の変化や楽器演奏に伴う筋肉の躍動感などが伝わることで、視聴者に感動を与えることができます。

LEDライトとともに、ミュージシャンのライブ配信に欠かすことができないのがマイクです。視聴者に楽曲を楽しんでもらうためにも、できる限り高性能なマイクを使用するようにしましょう。比較的低価格でありながら幅広い周波数に対応可能で、操作性に優れたものが多く普及しています。ライトやマイクよりは高額になりますが、ミキサーもライブ配信には必要です。ミキサーはミュージシャンが発する歌声や奏でる楽器などマイクを通して伝わる音の調整をする機材であり、ライブ自体をワンランク上のものにしてくれます。

それぞれの機材の役割と注意ポイント

LEDライトがライブ配信で果たす役割は重要です。ただ単に、ミュージシャンや撮影が行われているスタジオ内を明るくするだけではなく、微妙な表情の変化や雰囲気を視聴者に伝えます。加えて、明るさを調整することで楽曲を含めた演出全体の深みを増す効果があります。マイクについても、ライブ配信をする際には慎重に選んだ方が良いでしょう。基本的に、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクのどちらかを使うのが一般的です。欲を言えば、音質良好なコンデンサーマイクが好ましいですが、ハウリングしやすいという難点もあります。ミュージシャンの適性に合わせて選択すると良いでしょう。

ミュージシャンの生命線とも言われるミキサーですが、その役割は音の調整を行うことです。国内外を問わず多くのタイプが出回っており、ライブ配信の規模に合わせたものを選択するのが無難と言えます。物によっては、重すぎて持ち運びに支障をきたすことにもなりかねませんので注意が必要です。

ライブ配信を成功させるために!必要不可欠な機材とは

インターネットを使うことが当たり前になり、ライブ配信をするミュージシャンは多くいます。その成功のカギを握ることになるのが、配信する楽曲などパフォーマンスの内容に加えて、LEDライトやマイク、ミキサーなどの機材の良し悪しです。ライブ配信を始める際は機材にも注目してみましょう。

Related posts

Latest posts