企業としてライブ配信を行う際に意識しておきたい注意点とは

企業がお客様とどのようにつながっていくかは大きな課題の一つです。そこで最近注目されているのが、ライブ配信です。リアルタイムで伝えたいことを発信でき、お客様との一体感も生まれやすくなります。良いこともたくさんありますが、企業として発信する以上気を付けておかなければならないこともありますので、ここではそのポイントについてチェックしていきましょう。

しっかり打ち合わせを行う

ライブ配信は臨場感があり、宣伝効果も大きくなりやすいです。そのため、あいまいなことや間違ったことなどを伝えてしまうとその影響も大きなものとなってしまいます。実際に配信に関わる人たちの中で、どのようなことを伝えるのか、また細かい点などについてあいまいな部分がないように、きちんと打ち合わせをしておくことが必要です。ライブだからこそその場で確認をしたり、後で伝えることが難しくなる場合もありますので、準備段階でしっかり確認を済ませておき、スムーズに進められるようにしておきましょう。

ライブ配信はその時しか見ない方もいることから、間違ったことを発信した後に訂正をするのが困難です。場合によっては一部しか見ない方もいて、後で訂正をしてもそれが伝わらないこともしばしばあります。重要な情報などは特に慎重に確認をしておかないと、トラブルのもとになってしまう可能性もあります。個人が自由に配信している場合とは異なり、企業として責任のある立場で場合によっては購入や契約に結び付く可能性がある情報を発信するのですから、間違いなく伝えられるように打ち合わせをしておきましょう。社内の人間だけではなく、外部の人が関わる場合には特に情報の共有の仕方に気を配ることが大切です。

配信をチェックしてサポートできる体制を整えておこう

企業のライブ配信では、トラブルなく伝わっているかどうかを把握することが必要になります。配信の状態が悪い場合も起こり得ますから、そのようなときに調整するための情報が必要になってくるからです。受ける側の環境によっても違いが出てくることがあるので、環境が違う状態でチェックすることができるように体制を組んでおくことも必要でしょう。音声などにトラブルがあるとせっかくのライブ配信も効果が出にくくなってしまいますし、見ている方を失望させてしまいます。配信開始時に確認すること、また途中で問題が生じたらすぐに対応できるようにすることを意識しておく必要があるでしょう。

また、伝える内容についても視聴者の誤解を生む伝え方になってしまうなどのトラブルが出てくる可能性もあります。配信している本人たちが気づかないことも多くあるため、客観的に確認できるようにしておく必要があります。配信している内容はもちろん、その時のネット上の反応なども確認しておきたいところですが、配信しているスタッフはそれが難しいため、そこをサポートできる人材を準備しておくことも考えてみましょう。

反応についての対応も考える

ライブ配信では双方向のやり取りが生まれる可能性があり、そこに魅力がありますが、それがトラブルのもとになることもあります。コメントなどで視聴者とやり取りしている中でのトラブルなどが、後々企業イメージにダメージを与えることもあるでしょう。そのため、コメントに対して何をするのかも初めに決めておくのがおすすめです。想定される質問などについての対応をどうするか、準備しておくと安心です。管理が難しいようであれば、そもそもコメントを投稿できないようにする方法もあります。

視聴者がどのように反応するのかはあらかじめ把握しておくことが難しいですが、企業として配信を行う以上はできる限り事前にできる準備をした上で配信に向き合いたいものです。情報は一度世に出てしまうと取り返しがつかないことも多いので、この点については特に意識して打ち合わせなどを行っていきましょう。

Related posts

Latest posts