法人がライブ配信をする目的と必要機材の選定のコツ

ライブ配信は法人による利用も進んできていますが、どのような目的で利用されているのかがよくわからない人もいるでしょう。実際にどのように使われているかがわかると、法人がライブ配信を活用する魅力がわかります。この記事では、ライブ配信の目的や活用シーンを紹介した上で、必要な機材について詳しく解説します。

法人が行うライブ配信とは何か

ライブ配信とはリアルタイムサービスの一種で、インターネットを通じて動画と音声によりリアルタイムでユーザーに情報を配信することを指します。インタラクティブの環境を作ることも可能で、視聴しているユーザーからのフィードバックを受けて柔軟に配信内容を変更できます。個人でも法人でもライブ配信をするケースが増えてきていますが、法人の場合にはどのような使い方をしているのでしょうか。

ライブ配信の活用シーン

ライブ配信の活用シーンは多岐にわたっています。社内利用では、年度初めなどに実施する定期研修での代表取締役の挨拶を全社員に配信したり、新人教育などの講義をライブ配信で実施するのが典型的な活用シーンです。社内会議や株主総会などの情報共有を目的として配信し、希望者が任意で視聴できる仕組みを整えているケースもあります。このような希望者への配信の仕組みは、社外との会議やイベントの際にも応用可能です。また、顧客や見込み顧客を対象としたセミナーや商品説明会、採用活動の際の会社説明会などでもライブ配信の利用が進められています。

ライブ配信の目的

活用例から想像できるように、法人によるライブ配信の目的は主に2つに分けられます。1つは社内の研修や教育、情報共有などの円滑化です。ライブ配信なら会議や講演などが行われている現場にいなくても、リアルタイムでの共有によって効率的に教育内容や議事の共有を行えます。もう1つは社外への情報発信手段としての活用です。セミナーや説明会の内容を広い範囲に発信することも、限定された人たちのみに配信することもできます。社外からのフィードバックを受けて対応することもできるため、顧客満足度の高い情報発信が実現可能です。

法人がライブ配信するときの必要機材

法人がライブ配信をするためには、機材を一通り揃えなければなりません。ライブ配信に最低限必要なのはビデオカメラとキャプチャーシステム、マイクと音声ミキサー、そしてエンコーダーです。さらに、ライブ配信に堪えるインターネット環境とライブ配信サーバーを準備する必要があります。サーバーについては、ライブ配信に対応しているサービスの法人利用が可能なため、強固な社内サーバーを構築することは必須ではありません。しかし、映像と音声を安定して入力できるようにするための機材は揃える必要があります。

各機材の役割と選定の際の注意点

法人がライブ配信の機材を探す際には、各機材の役割に応じて適切なものを選定するのが大切です。ここでは種類ごとに分けてどのような役割があり、何に注意して選んだら良いかを確認していきます。

ビデオカメラとキャプチャーシステム

映像の入力系として、必要なのがビデオカメラとキャプチャーシステムです。パソコンにキャプチャーボードが搭載されているならキャプチャーシステムは必要ありません。パソコンに内蔵するカメラでもライブ配信は可能ですが、映像が鮮明にならない問題が生じがちです。撮影用に外部カメラを用意し、三脚などで固定して撮影できるようにすると品質が良くなります。ズーム機能があるとライブ撮影がしやすいため、様々なシーンでライブ配信を活用できるでしょう。安かろう悪かろうにせず、画素数と機能を重視してカメラを選定することが大切です。

マイクと音声ミキサー

音声の入力系としてマイクは必需品で、会議室では固定マイクで収音するのが効果的です。屋外や講演会場などでライブ配信をする際には、講演者などのリアルタイムで話をする人にピンマイクを用意すると音声入力が安定します。音声ミキサーは必須ではありませんが、複数のマイクからの入力をする際や音楽を再生する場合に重要になります。多様なシーンに対応できるように、音声ミキサーも準備しておきましょう。

エンコーダー

エンコーダーは動画編集のときに必要になります。ライブ配信をするために映像と音声をまとめるためのソフトがエンコーダーです。どのライブ配信サーバーを使用するかによってエンコーダーを選ぶ必要があります。機能性重視なら利用する予定のライブ配信サーバーに特化しているエンコーダーを選ぶのが適切です。

ライブ配信は十分な機材を調達してから開始しよう

ライブ配信を法人が行うときには、機材にこだわるのが大切です。特に社外に配信するときには、配信の善し悪しが企業の評価に影響を及ぼします。安定して品質の高いライブ配信を行えるように、機材を調達してから活用を始めましょう。

Related posts

企業としてライブ配信を行う際に意識しておきたい注意点とは

企業がお客様とどのようにつながっていくかは大きな課題の一つです。そこで最近注目されているのが、ライブ配信です。リアルタイムで伝えたいことを発信でき、お客様との一体感も生まれやすくなります。良いこともたくさんありますが、企業として発信する以上気を付けておかなければならないこともありますので、ここではそのポイントについてチェックしていきましょう。

しっかり打ち合わせを行う

ライブ配信は臨場感があり、宣伝効果も大きくなりやすいです。そのため、あいまいなことや間違ったことなどを伝えてしまうとその影響も大きなものとなってしまいます。実際に配信に関わる人たちの中で、どのようなことを伝えるのか、また細かい点などについてあいまいな部分がないように、きちんと打ち合わせをしておくことが必要です。ライブだからこそその場で確認をしたり、後で伝えることが難しくなる場合もありますので、準備段階でしっかり確認を済ませておき、スムーズに進められるようにしておきましょう。

ライブ配信はその時しか見ない方もいることから、間違ったことを発信した後に訂正をするのが困難です。場合によっては一部しか見ない方もいて、後で訂正をしてもそれが伝わらないこともしばしばあります。重要な情報などは特に慎重に確認をしておかないと、トラブルのもとになってしまう可能性もあります。個人が自由に配信している場合とは異なり、企業として責任のある立場で場合によっては購入や契約に結び付く可能性がある情報を発信するのですから、間違いなく伝えられるように打ち合わせをしておきましょう。社内の人間だけではなく、外部の人が関わる場合には特に情報の共有の仕方に気を配ることが大切です。

配信をチェックしてサポートできる体制を整えておこう

企業のライブ配信では、トラブルなく伝わっているかどうかを把握することが必要になります。配信の状態が悪い場合も起こり得ますから、そのようなときに調整するための情報が必要になってくるからです。受ける側の環境によっても違いが出てくることがあるので、環境が違う状態でチェックすることができるように体制を組んでおくことも必要でしょう。音声などにトラブルがあるとせっかくのライブ配信も効果が出にくくなってしまいますし、見ている方を失望させてしまいます。配信開始時に確認すること、また途中で問題が生じたらすぐに対応できるようにすることを意識しておく必要があるでしょう。

また、伝える内容についても視聴者の誤解を生む伝え方になってしまうなどのトラブルが出てくる可能性もあります。配信している本人たちが気づかないことも多くあるため、客観的に確認できるようにしておく必要があります。配信している内容はもちろん、その時のネット上の反応なども確認しておきたいところですが、配信しているスタッフはそれが難しいため、そこをサポートできる人材を準備しておくことも考えてみましょう。

反応についての対応も考える

ライブ配信では双方向のやり取りが生まれる可能性があり、そこに魅力がありますが、それがトラブルのもとになることもあります。コメントなどで視聴者とやり取りしている中でのトラブルなどが、後々企業イメージにダメージを与えることもあるでしょう。そのため、コメントに対して何をするのかも初めに決めておくのがおすすめです。想定される質問などについての対応をどうするか、準備しておくと安心です。管理が難しいようであれば、そもそもコメントを投稿できないようにする方法もあります。

視聴者がどのように反応するのかはあらかじめ把握しておくことが難しいですが、企業として配信を行う以上はできる限り事前にできる準備をした上で配信に向き合いたいものです。情報は一度世に出てしまうと取り返しがつかないことも多いので、この点については特に意識して打ち合わせなどを行っていきましょう。

クオリティ向上に大きく貢献!ミュージシャンのライブ配信時における機材の重要性

ネット時代の到来に伴い、ライブ配信をするミュージシャンが増加中です。気軽に情報発信できることが理由として考えられますが、ここではライブ配信の詳細について見てみましょう。

ライブ配信とは何か?

ネットワークサービスの躍進を受ける形で、ライブ配信が当たり前の時代を迎えていると言っても良いでしょう。近年では個人のみならず、企業においてもライブ配信が目立つようになってきました。そもそも、ライブ配信とはあらかじめ撮っておいた録画ではなく、生の映像を配信することです。つまり、出演者の生の姿を視聴者は見ることができます。

これまでも、テレビやラジオなどではニュースやスポーツなどを中心に生放送が行われており、私たちの生活に定着しています。ニュースやスポーツなどとともに、古くから多くの支持を集めているのがエンタメや音楽関係の番組です。音楽活動家やミュージシャン、タレントなどが提供するパフォーマンスを楽しみにする視聴者は少なくありません。このような人たちが活躍するエンタメや音楽番組においては、生の姿が見られるライブ配信を期待する視聴者やファンは多くいました。しかし、テレビに出演できるミュージシャンの数はごくわずかに限られているのが現状で、既に知名度や話題性の高い一握りのミュージシャンだけがテレビで自らの楽曲などを披露することができるのが一般的でした。

しかし、ネット社会になり、若い世代を中心にテレビよりもインターネットを視聴する人の割合が大幅に増加しています。いわゆる「ユーチューバー」という職業が生まれるなど、ネット上で個人が自由に自ら主張したりパフォーマンスを披露することが容易に可能になっています。特筆すべきは、ライブ配信をするために必要となる費用が安く済む点です。これは、まだまだ経済的余裕がないタレントやミュージシャンにとっては大きなメリットといえるでしょう。ライブ配信を見る人の中には元々のファンのみならず、偶然に見たことがきっかけで新たにファンになるという場合もあります。

プロミュージシャンがライブ配信するなら使いたい機材と気を付けたいポイント

前述の通り、ミュージシャンにとってライブ配信はファンを獲得するための重要な機会となります。ファン層を拡大するためには、その内容を充実させることが大切です。視聴者を惹き付けるためには、配信するパフォーマンスのクオリティを高めることもさることながら、使用する機材にも配慮する必要があります。具体的な機材として真っ先に挙げられるのが、LEDライトです。撮影する場所の広さや規模、収容人数などにもよりますが、LEDライトがなければ撮影自体ができないと言ってもよいでしょう。ミュージシャンの表情の変化や楽器演奏に伴う筋肉の躍動感などが伝わることで、視聴者に感動を与えることができます。

LEDライトとともに、ミュージシャンのライブ配信に欠かすことができないのがマイクです。視聴者に楽曲を楽しんでもらうためにも、できる限り高性能なマイクを使用するようにしましょう。比較的低価格でありながら幅広い周波数に対応可能で、操作性に優れたものが多く普及しています。ライトやマイクよりは高額になりますが、ミキサーもライブ配信には必要です。ミキサーはミュージシャンが発する歌声や奏でる楽器などマイクを通して伝わる音の調整をする機材であり、ライブ自体をワンランク上のものにしてくれます。

それぞれの機材の役割と注意ポイント

LEDライトがライブ配信で果たす役割は重要です。ただ単に、ミュージシャンや撮影が行われているスタジオ内を明るくするだけではなく、微妙な表情の変化や雰囲気を視聴者に伝えます。加えて、明るさを調整することで楽曲を含めた演出全体の深みを増す効果があります。マイクについても、ライブ配信をする際には慎重に選んだ方が良いでしょう。基本的に、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクのどちらかを使うのが一般的です。欲を言えば、音質良好なコンデンサーマイクが好ましいですが、ハウリングしやすいという難点もあります。ミュージシャンの適性に合わせて選択すると良いでしょう。

ミュージシャンの生命線とも言われるミキサーですが、その役割は音の調整を行うことです。国内外を問わず多くのタイプが出回っており、ライブ配信の規模に合わせたものを選択するのが無難と言えます。物によっては、重すぎて持ち運びに支障をきたすことにもなりかねませんので注意が必要です。

ライブ配信を成功させるために!必要不可欠な機材とは

インターネットを使うことが当たり前になり、ライブ配信をするミュージシャンは多くいます。その成功のカギを握ることになるのが、配信する楽曲などパフォーマンスの内容に加えて、LEDライトやマイク、ミキサーなどの機材の良し悪しです。ライブ配信を始める際は機材にも注目してみましょう。

ライブ配信をするのに欠かせない機材の種類と役割

5G時代の到来によって高速通信が可能になり、動画を使ったサービスが充実するようになりました。ライブ配信はその中でも脚光を浴びているサービスです。ここでは、いつでもライブ配信ができるように必須の機材について確認しておきましょう。

ライブ配信とはリアルタイムの映像配信

ライブ配信とはそもそも何かをまずは知っておきましょう。ライブ配信とは、カメラを通して撮影した映像をインターネットを通じてリアルタイムで配信することです。一般的には、ライブ配信サービスを提供している業者を利用して動画データを送り、業者のサーバーを介して視聴者に送り届ける仕組みで利用します。このようなリアルタイムでの動画配信では高速で大容量の通信回線が必要になりますが、光回線や5G回線の利用によって快適に行えるようになりました。特にライブ配信は5G回線が利用できるようになったお陰でモバイル環境でも視聴するのが容易になり、一般にも浸透してきています。

ライブ配信は個人が無料動画サービスなどを利用することで配信することもできますが、法人が情報共有のために活用する事例も増えてきています。ライブ配信のために必要な機材も揃えやすくなってきたため、利用者が急速に増えているのが現状です。

ライブ配信に最低限必要な機材

ライブ配信をするためには機材が必要になります。一般的にはパソコンかスマートフォンを使って動画を撮影し、インターネットを介してライブ配信サーバーに送信します。パソコンの場合とスマートフォンの場合で最低限必要な機材には違いがありますので、分けてご紹介します。

スマートフォンの場合

スマートフォンの場合には、ライブ配信アプリをインストールすれば他に機材を用意しなくてもライブ配信が可能です。スマートフォンに搭載されているカメラとマイクを使用することで、動画を撮影して配信することができます。手ぶれが起こりやすい、画質や音質が機種によってはあまり高くないといった問題点はありますが、気軽にライブ配信を行える点で優れている方法です。

パソコンの場合

パソコンの場合にもスマートフォンと同様に内蔵されているマイクとカメラで動画を撮影し、エンコーダーソフトを使ってライブ配信用のフォーマットに変換すればライブ配信が可能です。ただ、スマートフォンよりも画質や音質が低くなりがちで、パソコンのカメラは周囲の撮影には向いていません。マイクの収音力も低いことから、カメラとマイクはライブ配信をする際には必要です。カメラはウェブカメラを使えば直接パソコンに取り込めますが、ビデオカメラを利用する場合にはキャプチャーデバイスが必要になります。音声をパソコンに入力するにはオーディオミキサーが必要になることが多く、複数の音声を入力するには必須の機材です。

ライブ配信の機材の役割

ライブ配信で必要な機材について役割をもう少し詳しく見ていきましょう。ここでは、ライブ配信の目的で機材を選ぶ際の注意点も合わせてご紹介します。

カメラ

カメラは映像を撮影するための機材です。画質や解像度の良さに加えて、ズームや手ぶれ補正などの機能があるかどうかを見て選ぶのが重要になります。自撮りをする場合にはスマートフォンの内蔵カメラでも十分な場合が多いですが、セミナーなどリアルタイム配信をしたい場合などには安定した高画質動画を配信できるように、性能の良いビデオカメラを使用するのが適切です。

マイク

マイクは収音をして音声を入力するための機材です。手持ちで使うハンドマイクを選ぶ必要はなく、音声入力に使えるものであれば構いません。ピンマイクやヘッドホンマイク、収音マイクなども使用できるので、撮影するシーンに合わせてうまく音を拾えるマイクを選定しましょう。

キャプチャーデバイス

キャプチャーデバイスはビデオカメラで撮影した映像をパソコンに入力するための変換デバイスです。キャプチャーデバイスは、使用するビデオカメラに対応していることが最も重要です。USB接続のタイプは汎用性が高くて使い勝手が良く、小型で屋外での撮影にも適しているものが多くなっています。

オーディオミキサー

オーディオミキサーは複数の音声を統合して一つにまとめるための機材です。複数のマイクから入力をしたいときやBGMを一緒に流したいときなどには、オーディオミキサーが必要になります。どのくらいの数の音声を合わせたいかによって機材を選定することが重要です。

最低限必要な機材を準備してライブ配信を始めよう

ライブ配信はマイクとカメラに加えて、データとしてパソコンに入力するためのデバイスがあれば始められます。最低限必要な機材を揃えてしまえばいつでも気軽に始められますので、興味がある人はまず一通りの機材を調達しましょう。

Latest posts

企業としてライブ配信を行う際に意識しておきたい注意点とは

企業がお客様とどのようにつながっていくかは大きな課題の一つです。そこで最近注目されているのが、ライブ配信です。リアルタイムで伝えたいことを発信でき、お客様との一体感も生まれやすくなります。良いこともたくさんありますが、企業として発信する以上気を付けておかなければならないこともありますので、ここではそのポイントについてチェックしていきましょう。

しっかり打ち合わせを行う

ライブ配信は臨場感があり、宣伝効果も大きくなりやすいです。そのため、あいまいなことや間違ったことなどを伝えてしまうとその影響も大きなものとなってしまいます。実際に配信に関わる人たちの中で、どのようなことを伝えるのか、また細かい点などについてあいまいな部分がないように、きちんと打ち合わせをしておくことが必要です。ライブだからこそその場で確認をしたり、後で伝えることが難しくなる場合もありますので、準備段階でしっかり確認を済ませておき、スムーズに進められるようにしておきましょう。

ライブ配信はその時しか見ない方もいることから、間違ったことを発信した後に訂正をするのが困難です。場合によっては一部しか見ない方もいて、後で訂正をしてもそれが伝わらないこともしばしばあります。重要な情報などは特に慎重に確認をしておかないと、トラブルのもとになってしまう可能性もあります。個人が自由に配信している場合とは異なり、企業として責任のある立場で場合によっては購入や契約に結び付く可能性がある情報を発信するのですから、間違いなく伝えられるように打ち合わせをしておきましょう。社内の人間だけではなく、外部の人が関わる場合には特に情報の共有の仕方に気を配ることが大切です。

配信をチェックしてサポートできる体制を整えておこう

企業のライブ配信では、トラブルなく伝わっているかどうかを把握することが必要になります。配信の状態が悪い場合も起こり得ますから、そのようなときに調整するための情報が必要になってくるからです。受ける側の環境によっても違いが出てくることがあるので、環境が違う状態でチェックすることができるように体制を組んでおくことも必要でしょう。音声などにトラブルがあるとせっかくのライブ配信も効果が出にくくなってしまいますし、見ている方を失望させてしまいます。配信開始時に確認すること、また途中で問題が生じたらすぐに対応できるようにすることを意識しておく必要があるでしょう。

また、伝える内容についても視聴者の誤解を生む伝え方になってしまうなどのトラブルが出てくる可能性もあります。配信している本人たちが気づかないことも多くあるため、客観的に確認できるようにしておく必要があります。配信している内容はもちろん、その時のネット上の反応なども確認しておきたいところですが、配信しているスタッフはそれが難しいため、そこをサポートできる人材を準備しておくことも考えてみましょう。

反応についての対応も考える

ライブ配信では双方向のやり取りが生まれる可能性があり、そこに魅力がありますが、それがトラブルのもとになることもあります。コメントなどで視聴者とやり取りしている中でのトラブルなどが、後々企業イメージにダメージを与えることもあるでしょう。そのため、コメントに対して何をするのかも初めに決めておくのがおすすめです。想定される質問などについての対応をどうするか、準備しておくと安心です。管理が難しいようであれば、そもそもコメントを投稿できないようにする方法もあります。

視聴者がどのように反応するのかはあらかじめ把握しておくことが難しいですが、企業として配信を行う以上はできる限り事前にできる準備をした上で配信に向き合いたいものです。情報は一度世に出てしまうと取り返しがつかないことも多いので、この点については特に意識して打ち合わせなどを行っていきましょう。

クオリティ向上に大きく貢献!ミュージシャンのライブ配信時における機材の重要性

ネット時代の到来に伴い、ライブ配信をするミュージシャンが増加中です。気軽に情報発信できることが理由として考えられますが、ここではライブ配信の詳細について見てみましょう。

ライブ配信とは何か?

ネットワークサービスの躍進を受ける形で、ライブ配信が当たり前の時代を迎えていると言っても良いでしょう。近年では個人のみならず、企業においてもライブ配信が目立つようになってきました。そもそも、ライブ配信とはあらかじめ撮っておいた録画ではなく、生の映像を配信することです。つまり、出演者の生の姿を視聴者は見ることができます。

これまでも、テレビやラジオなどではニュースやスポーツなどを中心に生放送が行われており、私たちの生活に定着しています。ニュースやスポーツなどとともに、古くから多くの支持を集めているのがエンタメや音楽関係の番組です。音楽活動家やミュージシャン、タレントなどが提供するパフォーマンスを楽しみにする視聴者は少なくありません。このような人たちが活躍するエンタメや音楽番組においては、生の姿が見られるライブ配信を期待する視聴者やファンは多くいました。しかし、テレビに出演できるミュージシャンの数はごくわずかに限られているのが現状で、既に知名度や話題性の高い一握りのミュージシャンだけがテレビで自らの楽曲などを披露することができるのが一般的でした。

しかし、ネット社会になり、若い世代を中心にテレビよりもインターネットを視聴する人の割合が大幅に増加しています。いわゆる「ユーチューバー」という職業が生まれるなど、ネット上で個人が自由に自ら主張したりパフォーマンスを披露することが容易に可能になっています。特筆すべきは、ライブ配信をするために必要となる費用が安く済む点です。これは、まだまだ経済的余裕がないタレントやミュージシャンにとっては大きなメリットといえるでしょう。ライブ配信を見る人の中には元々のファンのみならず、偶然に見たことがきっかけで新たにファンになるという場合もあります。

プロミュージシャンがライブ配信するなら使いたい機材と気を付けたいポイント

前述の通り、ミュージシャンにとってライブ配信はファンを獲得するための重要な機会となります。ファン層を拡大するためには、その内容を充実させることが大切です。視聴者を惹き付けるためには、配信するパフォーマンスのクオリティを高めることもさることながら、使用する機材にも配慮する必要があります。具体的な機材として真っ先に挙げられるのが、LEDライトです。撮影する場所の広さや規模、収容人数などにもよりますが、LEDライトがなければ撮影自体ができないと言ってもよいでしょう。ミュージシャンの表情の変化や楽器演奏に伴う筋肉の躍動感などが伝わることで、視聴者に感動を与えることができます。

LEDライトとともに、ミュージシャンのライブ配信に欠かすことができないのがマイクです。視聴者に楽曲を楽しんでもらうためにも、できる限り高性能なマイクを使用するようにしましょう。比較的低価格でありながら幅広い周波数に対応可能で、操作性に優れたものが多く普及しています。ライトやマイクよりは高額になりますが、ミキサーもライブ配信には必要です。ミキサーはミュージシャンが発する歌声や奏でる楽器などマイクを通して伝わる音の調整をする機材であり、ライブ自体をワンランク上のものにしてくれます。

それぞれの機材の役割と注意ポイント

LEDライトがライブ配信で果たす役割は重要です。ただ単に、ミュージシャンや撮影が行われているスタジオ内を明るくするだけではなく、微妙な表情の変化や雰囲気を視聴者に伝えます。加えて、明るさを調整することで楽曲を含めた演出全体の深みを増す効果があります。マイクについても、ライブ配信をする際には慎重に選んだ方が良いでしょう。基本的に、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクのどちらかを使うのが一般的です。欲を言えば、音質良好なコンデンサーマイクが好ましいですが、ハウリングしやすいという難点もあります。ミュージシャンの適性に合わせて選択すると良いでしょう。

ミュージシャンの生命線とも言われるミキサーですが、その役割は音の調整を行うことです。国内外を問わず多くのタイプが出回っており、ライブ配信の規模に合わせたものを選択するのが無難と言えます。物によっては、重すぎて持ち運びに支障をきたすことにもなりかねませんので注意が必要です。

ライブ配信を成功させるために!必要不可欠な機材とは

インターネットを使うことが当たり前になり、ライブ配信をするミュージシャンは多くいます。その成功のカギを握ることになるのが、配信する楽曲などパフォーマンスの内容に加えて、LEDライトやマイク、ミキサーなどの機材の良し悪しです。ライブ配信を始める際は機材にも注目してみましょう。

ライブ配信をするのに欠かせない機材の種類と役割

5G時代の到来によって高速通信が可能になり、動画を使ったサービスが充実するようになりました。ライブ配信はその中でも脚光を浴びているサービスです。ここでは、いつでもライブ配信ができるように必須の機材について確認しておきましょう。

ライブ配信とはリアルタイムの映像配信

ライブ配信とはそもそも何かをまずは知っておきましょう。ライブ配信とは、カメラを通して撮影した映像をインターネットを通じてリアルタイムで配信することです。一般的には、ライブ配信サービスを提供している業者を利用して動画データを送り、業者のサーバーを介して視聴者に送り届ける仕組みで利用します。このようなリアルタイムでの動画配信では高速で大容量の通信回線が必要になりますが、光回線や5G回線の利用によって快適に行えるようになりました。特にライブ配信は5G回線が利用できるようになったお陰でモバイル環境でも視聴するのが容易になり、一般にも浸透してきています。

ライブ配信は個人が無料動画サービスなどを利用することで配信することもできますが、法人が情報共有のために活用する事例も増えてきています。ライブ配信のために必要な機材も揃えやすくなってきたため、利用者が急速に増えているのが現状です。

ライブ配信に最低限必要な機材

ライブ配信をするためには機材が必要になります。一般的にはパソコンかスマートフォンを使って動画を撮影し、インターネットを介してライブ配信サーバーに送信します。パソコンの場合とスマートフォンの場合で最低限必要な機材には違いがありますので、分けてご紹介します。

スマートフォンの場合

スマートフォンの場合には、ライブ配信アプリをインストールすれば他に機材を用意しなくてもライブ配信が可能です。スマートフォンに搭載されているカメラとマイクを使用することで、動画を撮影して配信することができます。手ぶれが起こりやすい、画質や音質が機種によってはあまり高くないといった問題点はありますが、気軽にライブ配信を行える点で優れている方法です。

パソコンの場合

パソコンの場合にもスマートフォンと同様に内蔵されているマイクとカメラで動画を撮影し、エンコーダーソフトを使ってライブ配信用のフォーマットに変換すればライブ配信が可能です。ただ、スマートフォンよりも画質や音質が低くなりがちで、パソコンのカメラは周囲の撮影には向いていません。マイクの収音力も低いことから、カメラとマイクはライブ配信をする際には必要です。カメラはウェブカメラを使えば直接パソコンに取り込めますが、ビデオカメラを利用する場合にはキャプチャーデバイスが必要になります。音声をパソコンに入力するにはオーディオミキサーが必要になることが多く、複数の音声を入力するには必須の機材です。

ライブ配信の機材の役割

ライブ配信で必要な機材について役割をもう少し詳しく見ていきましょう。ここでは、ライブ配信の目的で機材を選ぶ際の注意点も合わせてご紹介します。

カメラ

カメラは映像を撮影するための機材です。画質や解像度の良さに加えて、ズームや手ぶれ補正などの機能があるかどうかを見て選ぶのが重要になります。自撮りをする場合にはスマートフォンの内蔵カメラでも十分な場合が多いですが、セミナーなどリアルタイム配信をしたい場合などには安定した高画質動画を配信できるように、性能の良いビデオカメラを使用するのが適切です。

マイク

マイクは収音をして音声を入力するための機材です。手持ちで使うハンドマイクを選ぶ必要はなく、音声入力に使えるものであれば構いません。ピンマイクやヘッドホンマイク、収音マイクなども使用できるので、撮影するシーンに合わせてうまく音を拾えるマイクを選定しましょう。

キャプチャーデバイス

キャプチャーデバイスはビデオカメラで撮影した映像をパソコンに入力するための変換デバイスです。キャプチャーデバイスは、使用するビデオカメラに対応していることが最も重要です。USB接続のタイプは汎用性が高くて使い勝手が良く、小型で屋外での撮影にも適しているものが多くなっています。

オーディオミキサー

オーディオミキサーは複数の音声を統合して一つにまとめるための機材です。複数のマイクから入力をしたいときやBGMを一緒に流したいときなどには、オーディオミキサーが必要になります。どのくらいの数の音声を合わせたいかによって機材を選定することが重要です。

最低限必要な機材を準備してライブ配信を始めよう

ライブ配信はマイクとカメラに加えて、データとしてパソコンに入力するためのデバイスがあれば始められます。最低限必要な機材を揃えてしまえばいつでも気軽に始められますので、興味がある人はまず一通りの機材を調達しましょう。